<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0171345_19121976.jpg



さて、どうするか・・・
その時に目に入ったのが弦楽三重奏の方々
思い浮かんだのが、シンデレラなどのお城のパーティ。
「ちょっと一緒に撮っても良いですか?」そう尋ねたら、すかさずポーズをとってくれた。(笑












[PR]
by discoveryphoto | 2010-11-26 19:17 | 写真の時間

驚きというものは。

b0171345_1749839.jpg



突然現れるから驚き。










[PR]
by discoveryphoto | 2010-11-15 17:50 | 披露宴

家族という景色。

b0171345_17184698.jpg



真剣な面持ちで新婦・新婦父の入場を待つ新郎
凛とした佇まいで弟の靴の辺りを見る姉
息子の背中を静かな優しい目線で見る母
床に目を落とし表情を変えない父


全てが交わって家族であると感じた。










[PR]
by discoveryphoto | 2010-11-15 17:29 | 挙式

合ってしまった目線。

b0171345_17459100.jpg



どうしてだろうか?
多くの新郎はどこか新婦の親に対して引け目を感じているようだ。(笑
やっぱり新婦を「もらう」という感覚なのだろうな。


そんな中で最後に合った目線。
色々な事が頭を巡りながら、とてもシンプルな感情だったのでは無いだろうか?













[PR]
by discoveryphoto | 2010-11-15 17:08 | 披露宴

気がつかなかった事。

b0171345_16334161.jpg






b0171345_16341275.jpg






打ち合せをしている時はどこか結婚式に対して前向きでは無かった新郎。(そう感じていた)
男が結婚式に対してちゃんと向き合うと、それはとても面白い結婚式への第一歩だと思っている僕は
少々残念な気持になっていた。
(面白いと言ってもヘンテコリンという事では無いです。気持いっぱいの良い式になるという事です。)


新郎がドラムを叩く演奏が始まった時
彼なりの新婦への、結婚式への思いを感じました。


気がつかなかった・・・


でも新婦はしっかりと分かっていたように見えました。



たくさんの時間をかけて打ち合せという雑談をして(笑
僕なりに二人を見ていたつもりなのだけれど
やっぱり分からない事はあるのだなと


でも話をしなかったらそれも分からないのだから・・・まっいいか。。










[PR]
by discoveryphoto | 2010-11-15 16:47 | 披露宴
b0171345_16273284.jpg



いいなぁと思って切った瞬間。
何を良いと思ったのだろうか?
きっと、打ち合せで会話をしている時には感じられなかった
似ている二人を感じたのだと・・・・そう思うのだが・・・・













[PR]
by discoveryphoto | 2010-11-15 16:30 | 披露宴
b0171345_16205154.jpg



部屋が暗い。ブレてしまった。
でも写っている気持が好きだから。。













[PR]
by discoveryphoto | 2010-11-15 16:23 | メイクのころ

母の背中。

b0171345_1691390.jpg




いつの頃からか、おんぶされる赤ん坊は少なくなった。
僕が記憶にある幼い頃の思い出のひとつは母や祖母の広い背中の温かさだった。
少しずつ成長していき、いつしかおんぶされる事は無くなった。
ほっぺと体をくっつけて感じていた温もりは
体温の他の温かさを僕に残してくれたと思う。


遠い過去の懐かしい記憶を呼び起こしてくれた。







↓よかったらこちらも見てください。。
ディスカバリーの家族写真のページです。




[PR]
by discoveryphoto | 2010-11-15 16:16 | ファミリーフォト

結婚式でスナップ写真のカメラマンをしているDiscoveryのブログ。自然な雰囲気の写真が好きです。本サイトはプロフィールページにリンクがあります。


by discoveryphoto